top of page
  • 執筆者の写真Kazuhiro Yorimitsu

5月に咲いた波の花


奇岩「ゴジラ岩」の周辺に現れた波の花。5月とは思えない荒天が能登半島の冬の光景を見せてくれた=5月8日、石川県珠洲市馬緤町


 今日の能登半島はゴールデンウイークが終わった5月とは思えない荒天で、季節が冬に戻ったような寒い一日になりました。地震で隆起した珠洲市馬緤町の海岸線では、能登半島の冬の風物詩「波の花」が出現し、季節外れの珍しい光景を見せてくれました。

 奇岩がいくつも連なる荒磯の風景は、いかにも能登半島という光景です。地震で変わってしまった場所も多いですが、今日は思いがけず能登半島らしい光景に出会えました。

 岩を砕く荒波を見つめながら、頭の中には能登を歌った演歌の名曲がいくつも流れています。やっぱり波の花は能登人の大切な心象風景の一つです。

閲覧数:95回0件のコメント

最新記事

すべて表示

記事の一部訂正と追記

先日の記事「行政のトップに、あえて苦言を…」の記事中にあります、長橋漁港の災害ごみ集積場の廃止についてですが、現在、受付期間が延長になったとのことです。馬緤町の珠洲市自然休養村センター前にも同様に設置されているそうですが、いずれも土日のみの稼働です。なお、いずれも常設ではなく仮設集積所とのことです。取材不足により、ご迷惑おかけいたしました。お詫びして訂正いたします。 上記情報は、市のホームページに

Comments


bottom of page