top of page
  • 執筆者の写真Kazuhiro Yorimitsu

2024年元日に能登半島地震発生

更新日:1月9日


 2日午前7時30分、大阪から知人のカメラマンとともに車列を組み石川県輪島市に到着しました。前日の夕方に大阪を出て、すでに12時間以上がたっていました。  すぐにドローンを準備し空撮を開始。モニターに現れたのは、まるで戦場のような光景でした。奥能登の人気観光地の輪島の朝市通り一帯は、地震直後に発生した火災により、多くの土産物店や、伝統工芸漆器の「輪島塗」を製作する工房が焼失しました。たなびく白煙が朝日に照らされ、日本海にたなびいていました。(2024年1月2日、石川県輪島市河井町、ドローンで撮影)

閲覧数:462回0件のコメント

最新記事

すべて表示

記事の一部訂正と追記

先日の記事「行政のトップに、あえて苦言を…」の記事中にあります、長橋漁港の災害ごみ集積場の廃止についてですが、現在、受付期間が延長になったとのことです。馬緤町の珠洲市自然休養村センター前にも同様に設置されているそうですが、いずれも土日のみの稼働です。なお、いずれも常設ではなく仮設集積所とのことです。取材不足により、ご迷惑おかけいたしました。お詫びして訂正いたします。 上記情報は、市のホームページに

Comments


bottom of page