top of page
  • 執筆者の写真Kazuhiro Yorimitsu

故郷を見つめる眼






 石川県の要請を受け、珠洲市大谷地区の住民44人が、1月20日に富山市内のホテルに2次避難しました。現在、集落につながる唯一の道は大型バスが通行できないため、市内中心部までワゴンや自家用車で移動します。  道端で写真を撮っていると、車列の中から見知った顔が窓を開けて「ありがとう」「元気で」と声をかけてくれました。年老いた母を連れた友達が笑顔で手を振っています。見送る私の目はうるんでいました。

 生まれてから一度もこの地を離れたことがない人もいます。車窓から変わり果てた故郷を見つめる避難者の方たちの眼に、故郷はどう映ったのでしょう。今はただ、ゆっくり休んでください。

 季節が暖かくなるころに会いましょう…どうかお元気で。

閲覧数:328回0件のコメント

最新記事

すべて表示

記事の一部訂正と追記

先日の記事「行政のトップに、あえて苦言を…」の記事中にあります、長橋漁港の災害ごみ集積場の廃止についてですが、現在、受付期間が延長になったとのことです。馬緤町の珠洲市自然休養村センター前にも同様に設置されているそうですが、いずれも土日のみの稼働です。なお、いずれも常設ではなく仮設集積所とのことです。取材不足により、ご迷惑おかけいたしました。お詫びして訂正いたします。 上記情報は、市のホームページに

Comments


bottom of page