top of page
  • 執筆者の写真Kazuhiro Yorimitsu

力強く、咲く


約1か月ぶりに故郷を訪れました。地震で倒壊したままの何も変わらない家屋が並んでいました。それでも、やっぱり故郷の空気は気持ちいい。早朝の静けさに、春の匂いがありました。


集落の一部を飲み込み、尊い命を奪った土砂崩れの斜面に目をやると、幹が折れてしまった桜の木が花を咲かせていました。


亡くなった人たちの顔が脳裏に浮かびます。

「強く生きろ」そう言っているように思いました。


故郷が優しく迎えてくれた、春。

閲覧数:203回0件のコメント

最新記事

すべて表示

記事の一部訂正と追記

先日の記事「行政のトップに、あえて苦言を…」の記事中にあります、長橋漁港の災害ごみ集積場の廃止についてですが、現在、受付期間が延長になったとのことです。馬緤町の珠洲市自然休養村センター前にも同様に設置されているそうですが、いずれも土日のみの稼働です。なお、いずれも常設ではなく仮設集積所とのことです。取材不足により、ご迷惑おかけいたしました。お詫びして訂正いたします。 上記情報は、市のホームページに

Comments


bottom of page