top of page
  • 執筆者の写真Kazuhiro Yorimitsu

こころをひとつに能登





 震災発生からまもなく1か月。送電復旧作業が被災地の各地で急ピッチで続けられています。珠洲市大谷町で出会った北陸電力送配電(株)の作業員皆さんのヘルメットや車両には、「こころをひとつに能登」の文字が書かれたステッカーが貼られていました。

 金沢からいらした山口哲学さん(44歳)は「若い時に能登で勤務をしていた。能登は温かい人が多く心に残っている。皆さんの暮らしを守りたい。一分一秒でも早く電気を届けたいと」復旧作業に努めていらっしゃいました。

 少しずつ、少しずつですが、復興の足音が聞こえてきました。こころを一つにして。


閲覧数:412回0件のコメント

最新記事

すべて表示

記事の一部訂正と追記

先日の記事「行政のトップに、あえて苦言を…」の記事中にあります、長橋漁港の災害ごみ集積場の廃止についてですが、現在、受付期間が延長になったとのことです。馬緤町の珠洲市自然休養村センター前にも同様に設置されているそうですが、いずれも土日のみの稼働です。なお、いずれも常設ではなく仮設集積所とのことです。取材不足により、ご迷惑おかけいたしました。お詫びして訂正いたします。 上記情報は、市のホームページに

Comments


bottom of page